読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの引っ越し、荷造りどうする?

一人暮らしの引っ越し

1:一人暮らしの引っ越し準備

一人暮らしの引っ越し、荷造りどうする?

一人暮らしで住み替えを考えると引っ越しをするにも準備は一人で行わなければなりません。

友人や家族が手伝ってくれる場合もあるでしょうが、荷物などは自分で荷造りをしなければ、何がどこにあるのかわからなくなってしまいます。

しかし、働いていたりすれば引っ越し準備する時間も無いという人もいるでしょう。

スポンサーリンク
 

そんな場合はどうしたら良いのでしょうか。

実際に多忙で引っ越し準備も出来ない人はいます。

しかし退去日を決めているとそれまでに引っ越しをしなければなりません。

家に戻って少しずつ片づけを行っても間に合わないと言う人もいます。

そのような場合は、引っ越し業者にお任せするのが一番です。

2:ラクラク引っ越しパックを活用

一人暮らしの人だけでなく、引っ越し業者では荷造りから荷ほどきまで行ってくれる引っ越しパックのコースを用意しています。

このようなプランであれば、荷造り作業を全て行ってくれ、大型家具や家電の梱包から小物の荷造りまで全てお任せ出来ます。

特に喜ばれるのが、女性の一人暮らしの引っ越しパック。

荷造りでは女性スタッフだけで行う配慮をしてくれる引っ越し業者が多くあります。

荷造りには予め気を付けて欲しいものや一緒にして欲しいものなどの要望を伝えておけば、意向に添うようにしてくれます。

これなら引っ越し当日まで忙しくても、仕事を休むことなく引っ越しが片付きます。

3:荷造りに必要なもの

引っ越し業者に依頼すれば、自分で荷造りをする場合でも段ボールやガムテープ、布団袋などを用意してくれます。

段ボールには何が入っている、どの部屋に置いてあったものを新居のどの部屋に置くのかなど、書けるようになっているので荷造りをする際は面倒でも書いておくと荷ほどきに便利です。

自分で引っ越しを行う場合は、段ボールの調達、ガムテープやマジックなどの用意から始めましょう。

一人暮らしの引っ越しでも、2人以上暮らしている人たちと同じ作業は掛かります。

決して一人暮らしだから、引っ越しも楽というわけではありませんから、引っ越し準備は余裕を持って行いましょう。

 

一人暮らしの引っ越し準備に必要なもの

一人暮らしの引っ越し

1:一人暮らしを決めたら必要なものを考えよう

一人暮らしの引っ越し準備に必要なもの

一人暮らしが初めてという人にしてみると、「何が必要な物なのか?」ということがわかりませんよね。

自分の今の生活を考えてみると、あれもこれも必要だと思って持って行こうと考えてしまいます。

スポンサーリンク
 

一人暮らしの引っ越しで考えるのは、部屋の広さと無いと生活できないものの順位です。

「何も要らない。」と思っている人でも、「これは無いと生活できない。」というものが多いことに気が付きます。

生活動線という言葉をご存知ですか?

生活空間における人の動きを軌跡として表す線の事をいいます。

一人で暮らすと言うことは自分が今まで暮らしていた便利な生活動線を最初から作るということ。

間取りを考えるということではなく、その中で必要だった物を最初から用意しなければなりません。

2:生活の必需品を考える

台所や浴室、トイレなどは自分の部屋にないものですね。

一人暮らしをしても必要な場所です。

今の暮らしが実家であれば、台所に行けば食器やグラスが置いてあり、冷蔵庫もガスコンロ、電子レンジもあるので、食料をストックして飲食が出来ますね。

一人暮らしを始める新居には、家具・家電付の物件だとそれらも有るでしょうが、一から揃えなければならない人も多いでしょう。

家電などは持って行くものもないので、買う人も多いでしょうが、一人分の食器はお金も掛かるから持って行くという人もいるでしょう。

浴室にはシャンプーやタオル、トイレにはトイレットペーパー、リビングにはカーテンなど。一人で生活するだけでも様々なものが必要になってきます。

これらを全て購入していけばかなりの出費が。

せっかく引っ越し費用を抑えようとして、新居の近くで揃えようと考えていた人も、生活に必要な物の多さに驚いてしまったと言う声も聞かれます。

まずは自分の生活動線の中で必要だと思うものを書き出してみましょう。

買わなくて済むものがあれば、それを利用するほうが、予算を掛けずに済みますよ。