一人暮らしの引っ越しスケジュール

1:引っ越しが決まったら予定を立てよう

一人暮らしの引っ越しスケジュール

一人暮らしをしていると引っ越しの準備も何かと後回しになってしまいます。

日常生活が忙しくて、気が付けば引っ越しまで日にちがないのに、荷造りが一つも出来ていないなど慌てる人も少なくありません。

一人暮らしだからこそ、引っ越し準備は出来るだけ早め早めに準備をすることがスムーズに引っ越しをするポイントです。

スポンサーリンク
 

引っ越しは、荷造りをして荷物を運んで、荷解きすれば終わりではありません。

現在の住まいも一人暮らしの場合、賃貸契約では引っ越しをする1ケ月前には現在の貸主に引っ越しをすることを伝えておかなければ、1ケ月分の家賃を払わなければならない場合もあります。

実際の引っ越しと並行して解約や契約などの諸手続きの必要もあります。

2:気が付いたことはメモにしておく

一人で引っ越し準備をしていると、あれこれしなければならないことが次から次へと出て来ます。

このため期限のある重要なことを忘れてしまったり、連絡を取り忘れたり色々とミスが出てしまいます。

スムーズに引っ越し準備をするには、予定を立てて行うことが一番です。

気が付いたことはすぐにメモに残して、優先順位をつけていきましょう。

すぐにやること、出来るだけ早めにやること、引っ越しまでにやるべきことなど、優先順位をつけることで、引っ越し準備も全く違ってきます。

忙しいからこそ、忘れていたと慌てないためにも、メモを取り書き出していきましょう。

3:住所異動の手続き

引っ越し準備と並行して行わなければならない手続きの一つが、市区町村への住所異動です。

健康保険が国民健康保険の方は住所異動を行った後に、国民健康保険の手続きも行います。

異動する人が高齢者だと、後期高齢者が異動する場合は後期高齢者医療、介護保険などの手続きも行う必要があります。

引っ越しの1週間前には公共料金の手続きも行いましょう。

冷蔵庫などは前日までに食品を片付けてコンセントを抜くなどの細かい作業もあります。

友人や知人に頼んで引っ越しを行えば、引っ越し料金は安く済みますが、自分が行う準備が煩雑になります。

引っ越し業者に依頼した方が、忙しい人にはお薦めです。

 

遠方に暮らす親、一人暮らしの引っ越しも安心らくらくに出来ます

1:遠方で一人暮らしをする親の引っ越し

遠方に暮らす親、一人暮らしの引っ越しも安心らくらくに出来ます

超高齢化社会の日本。

遠方で暮らす子どもにとっては元気であっても、一人暮らしをする親は心配です。

暮らしている場所を離れたくないからと、一緒に暮らそうと言っても首を縦に振らないなどの話も聞きます。

スポンサーリンク
 

そんな一人暮らしの高齢者に向けた有料老人ホームやサービス付の高齢者向け住宅などが、近年は人気です。

シニア向けマンションや健康型有料老人ホームなど、元気な高齢者が便利に暮らせる施設も充実しています。

一度ぐらいは実家に戻って手続きを行っても、遠方で暮らしていると度々引っ越し手伝いは出来ません。

しかし引っ越しを決めたものの、高齢の親一人で引っ越しさせるには無理がある、など悩みはつきません。

そんな時に便利なのが、高齢者向けの引っ越しサービスです。

荷造りや荷ほどき、引っ越しに必要な諸手続きまで引き受けてくれるサービスがあります。

2:高齢者向けの引っ越しパックとは

高齢者の引っ越しで大変なのは、引っ越しに関する情報収集が出来ないことからはじまります。

引っ越し業者はどこに依頼するの?引っ越しに関しての不安や相談はどうしたら良いの?荷物を整理したいけど、重たくて出来ない。

など、若ければ何の問題もない些細なこと一つ一つが、高齢者には大変です。

高齢者向けの引っ越しはさまざまなサービスが特徴です。

荷造り前の家財道具の必要・不要を一緒に考えたり、処分も行います。

入居する住宅の間取りなどを考えながら、荷造りも荷解きも行います。

家具に至っては配置も組立も、サービスに含まれているプランもあります。

暮らしやすい収納の提案をしてくれるサービスもあります。

3:支持するだけで安心フォロー

これらの見積り問い合わせは電話やインターネットで簡単に手続きが出来ます。

遠方にいる親の代わりに申込みをして、詳しい荷物の打合せは本人としてもらう、などの手続きが可能です。

引っ越しを手伝えない分、引っ越し代金は子どもが払うなどの要望も聞いてもらえます。

高齢者向けの引っ越しサービスなら、遠く離れている親でも一人で引っ越し出来ますよ。