読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人暮らしの引っ越し、費用はどのくらい掛かるの?

1:引っ越しの流れ

一人暮らしの引っ越し、荷造りどうする?

一人暮らしでも引っ越しをする人は多いでしょう。

場所や仕事・学校の都合、気が向いたなど様々な理由で引っ越しをします。

引っ越しが決まったら、まずはどのように引っ越しをするか選びます。

スポンサーリンク
 

一人暮らしの場合、引っ越し業者に依頼すると「この費用なら自力で引っ越しをしたほうがお得かも。」と悩んでしまうこともあります。

確かに、どちらにもメリットデメリットがあります。

単純に目に見える費用だけで決めてしまった場合、失敗したと後悔した人も多くいます。どちらが得か考えてみませんか。

2:目に見える費用と見えない費用

自力で引っ越しをする場合、引っ越し業者に掛かる費用は節約することが出来ます。

しかし、目に見えないお金が結構掛かることを考えているでしょうか。

荷物が全く無いわけではないので、トラックなどレンタカーを借りたり、自家用車で運ぶ場合は、何度か往復するガソリン代や有料道路の通行料、荷物を降ろした後、近くの駐車場に車を停めれば駐車場代も掛かります。

自分で引っ越しをする場合、自由な時間に引っ越しが出来ます。

引っ越しをしようと考えている日に突然予定が入って、引っ越しが出来ない場合も有り得ます。

そんな時は気軽に予定を変えることが可能で、キャンセル料などの心配も必要ありません。

しかし、家族や友人・知人に依頼をしていれば、予定を勝手に変えることは難しくなってきます。

さらに、手伝ってもらったぶん、お返しも必要で無料でしてもらうのも中々気兼ねしてしまいますね。

3:色々考えるとどちらがお得?

実際に、目に見えないお金を考えると、自力で引っ越しをするのは案外業者に依頼するのと変わらないかも知れません。

一人暮らしの引っ越しプランは荷物の量でお得なパックも沢山あります。

低価格で引っ越しが可能な場合も多いのです。

疲れる思いをして費用が掛かっては意味がありませんね。

まずは、引っ越し業者の見積を調べて、どちらがお得か考えてみましょう。

インターネットである程度の費用を出すことが簡単に出来る時代です。

活用してみましょう。

 

一人暮らしの引っ越し、荷造りどうする?

1:一人暮らしの引っ越し準備

一人暮らしの引っ越し、荷造りどうする?

一人暮らしで住み替えを考えると引っ越しをするにも準備は一人で行わなければなりません。

友人や家族が手伝ってくれる場合もあるでしょうが、荷物などは自分で荷造りをしなければ、何がどこにあるのかわからなくなってしまいます。

しかし、働いていたりすれば引っ越し準備する時間も無いという人もいるでしょう。

スポンサーリンク
 

そんな場合はどうしたら良いのでしょうか。

実際に多忙で引っ越し準備も出来ない人はいます。

しかし退去日を決めているとそれまでに引っ越しをしなければなりません。

家に戻って少しずつ片づけを行っても間に合わないと言う人もいます。

そのような場合は、引っ越し業者にお任せするのが一番です。

2:ラクラク引っ越しパックを活用

一人暮らしの人だけでなく、引っ越し業者では荷造りから荷ほどきまで行ってくれる引っ越しパックのコースを用意しています。

このようなプランであれば、荷造り作業を全て行ってくれ、大型家具や家電の梱包から小物の荷造りまで全てお任せ出来ます。

特に喜ばれるのが、女性の一人暮らしの引っ越しパック。

荷造りでは女性スタッフだけで行う配慮をしてくれる引っ越し業者が多くあります。

荷造りには予め気を付けて欲しいものや一緒にして欲しいものなどの要望を伝えておけば、意向に添うようにしてくれます。

これなら引っ越し当日まで忙しくても、仕事を休むことなく引っ越しが片付きます。

3:荷造りに必要なもの

引っ越し業者に依頼すれば、自分で荷造りをする場合でも段ボールやガムテープ、布団袋などを用意してくれます。

段ボールには何が入っている、どの部屋に置いてあったものを新居のどの部屋に置くのかなど、書けるようになっているので荷造りをする際は面倒でも書いておくと荷ほどきに便利です。

自分で引っ越しを行う場合は、段ボールの調達、ガムテープやマジックなどの用意から始めましょう。

一人暮らしの引っ越しでも、2人以上暮らしている人たちと同じ作業は掛かります。

決して一人暮らしだから、引っ越しも楽というわけではありませんから、引っ越し準備は余裕を持って行いましょう。