読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話題の単身引っ越しパックとは

単身引っ越し

単身引っ越し

転勤などで引っ越しをされる方のために、単身引っ越しパックというものがあります。

引っ越し会社が用意した専用のBOXに荷物を詰めて運ぶだけなので、通常の引っ越し料金と比べてかなり安くなります。

スポンサーリンク
 

参考までに通常の引っ越しプランでは最低でも2tトラックの利用となり、費用は4万円程度となります。

これに対して単身パックは移動距離にもよりますが、近場であれば1万円代となるのでかなりお得になるのです。

最近では、さまざまな引っ越し会社から単身パックがでています。

各会社によって料金や規定などが大きく変わります。

なので、少しでも安い会社を見つけるのならば引っ越し料金の見積もりサイトなどでしっかり確認しましょう。

引っ越し会社によって価格・内容も違う

また引っ越し会社によってサービス内容も違います。

荷造りをしてくれる会社もあればそれはオプション扱いの会社もあるので、そういった情報も見積もりサイトなどで詳しく確認しておくと良いです。

また単身パックをよりお得に利用するには、時期や曜日を考えて依頼すると価格がだいぶ変わります。

単身赴任や新社会人生活の引っ越し時期の変更はできませんが、曜日であれば土日祝日を避けて平日にお願いをすることで1割程度安くなる会社もあります。

また見積もりサイトを見て引っ越し会社を決める場合にも、一応値引き交渉をしてみてください。

依頼した引っ越し日に引っ越し会社が暇な場合には価格を下げてくれることもあります。

単身パックで気をつけることは荷物を多くしないことです。

あくまでも単身用が条件なので、既定のBOXに収まらない荷物の場合には追加料金が生じてしまい高くつくこともあります。

単身パックを利用するなら要らないものはなるべく処分して本当に必用なものだけを運ぶようにしましょう。

単身引っ越しが決まってからやるべきこと

単身引っ越し時のパソコン廃棄方法

引っ越しが決まったら、当日に向けてやることがたくさんあります。

ましてや単身引っ越しの場合、すべて一人でやらなくてはいけないためとても忙しくなります。

引っ越しの準備でやることをしっかりと把握して、計画を立て効率よく作業を進めましょう。

引っ越しの準備で一番大変なのが荷造りです。

単身とは言えいざ片付けてみると、意外と要らない物が多く整理をするのが大変です。

片付けるのも大変ならば、引っ越し先での荷ほどきも大変になります。

何年も読んでいない本や着ていない洋服などがあれば、この機会にすべて処分してなるべく身軽な引っ越しをお勧めします。

捨てるのはもったいないと考えるなら、古本屋やリサイクルショップに引き取ってもらいましょう。

引っ越し業者を活用する

引っ越しの仕方も考えなくてはいけません。

荷物が少なく近場でであれば台車を使って自力で運んだり、車の免許があれば自分で運転して荷物を運ぶ手段もあります。

そうでない遠方への移動などの場合には、引っ越し業者にお願いするのが一般的です。

最近は単身引っ越しパックなどがあるので、割と安く見積もりができます。

なかには友達に引っ越しの手伝いをお願いする方もいますが、友達が運んだ荷物に破損が生じた場合など責任を追及しにくいのであまりおすすめしません。

引っ越し時の手続き

現在住んでいる部屋に電話回線などがあれば、住所変更の手続きも早めにおこないます。

合わせて郵便物の転送手続きもおこなっておきましょう。

また新しい新居でのガスの開栓には立ち合いが必要なので、日程を決めて前持って予約をしなくてはなりません。

引っ越し当日からお湯が使えないなんてことの無いように忘れないでください。

このほか、身近な友人や会社の方などへの連絡も忘れないようにしておきましょう。