遠方に暮らす親、一人暮らしの引っ越しも安心らくらくに出来ます

1:遠方で一人暮らしをする親の引っ越し

遠方に暮らす親、一人暮らしの引っ越しも安心らくらくに出来ます

超高齢化社会の日本。

遠方で暮らす子どもにとっては元気であっても、一人暮らしをする親は心配です。

暮らしている場所を離れたくないからと、一緒に暮らそうと言っても首を縦に振らないなどの話も聞きます。

スポンサーリンク
 

そんな一人暮らしの高齢者に向けた有料老人ホームやサービス付の高齢者向け住宅などが、近年は人気です。

シニア向けマンションや健康型有料老人ホームなど、元気な高齢者が便利に暮らせる施設も充実しています。

一度ぐらいは実家に戻って手続きを行っても、遠方で暮らしていると度々引っ越し手伝いは出来ません。

しかし引っ越しを決めたものの、高齢の親一人で引っ越しさせるには無理がある、など悩みはつきません。

そんな時に便利なのが、高齢者向けの引っ越しサービスです。

荷造りや荷ほどき、引っ越しに必要な諸手続きまで引き受けてくれるサービスがあります。

2:高齢者向けの引っ越しパックとは

高齢者の引っ越しで大変なのは、引っ越しに関する情報収集が出来ないことからはじまります。

引っ越し業者はどこに依頼するの?引っ越しに関しての不安や相談はどうしたら良いの?荷物を整理したいけど、重たくて出来ない。

など、若ければ何の問題もない些細なこと一つ一つが、高齢者には大変です。

高齢者向けの引っ越しはさまざまなサービスが特徴です。

荷造り前の家財道具の必要・不要を一緒に考えたり、処分も行います。

入居する住宅の間取りなどを考えながら、荷造りも荷解きも行います。

家具に至っては配置も組立も、サービスに含まれているプランもあります。

暮らしやすい収納の提案をしてくれるサービスもあります。

3:支持するだけで安心フォロー

これらの見積り問い合わせは電話やインターネットで簡単に手続きが出来ます。

遠方にいる親の代わりに申込みをして、詳しい荷物の打合せは本人としてもらう、などの手続きが可能です。

引っ越しを手伝えない分、引っ越し代金は子どもが払うなどの要望も聞いてもらえます。

高齢者向けの引っ越しサービスなら、遠く離れている親でも一人で引っ越し出来ますよ。

 

一人暮らしの引っ越しは準備も早めに行いましょう

1:引っ越し準備いつから始める?

一人暮らしの引っ越しは準備も早めに行いましょう

引っ越し日が決まったら、そこから逆算して荷造りや手続きを準備する予定を立てなければなりません。

部屋の間取りと考えて新居に持って行くもの、捨てるものなどを考えましょう。

「段ボールがあるから、目につくものをとりあえず、まとめた。」という場合、実は引っ越す当時まで使用する物まで荷造りしたという失敗例もあります。

スポンサーリンク
 

引っ越し荷物は面倒でも、日常で使用するもの、使わないものに分けた段ボールを作る方がよりスムーズに荷物を運び出せます。

引っ越し用の段ボールは契約をすれば事前に業者が用意してくれます。

業者に頼らずに自力で引っ越しをする場合は段ボールは自力で集めましょう段ボールはスーパーやホームセンターなど、無料でもらえる場所が多くありますよ。

2:今の不動産屋に解約の連絡をした日から準備を始める

賃貸契約には解約について細かく書かれています。

大体は、解約は退去日の1ケ月前までに申し出る必要があります。

連絡をしたら、退去日が決まったということ。引っ越し荷物を整理することを徐々に始めましょう。

一人暮らしのデメリットは、何でも自分でしなければならないことです。

引っ越し荷物の整理も自力で行うため、後回しにしていると、引っ越しが出来ない事態にも陥ります。

そんな人は引っ越しの荷造りから荷解きまで、引っ越し業者に依頼する方が簡単です。

本格的な荷造りは引っ越しの10日前頃から始める方がお薦めです。

荷物は場所ごとにまとめるのが便利です。

一人暮らしでもお風呂やトイレなど部屋に置かない荷物はわかるようにしておきましょう。

荷物を整理しているとゴミも出て来ます。

不用品などは処分に時間が掛かる可能性もあります。

大型ゴミを回収してくれる日が決まっている場合も多いので、ゴミ日は一度きり、というより前もって収集日を調べておいたほうが片付けの準備も楽になります。

引っ越し直前になると食器類などを荷造りしていて、料理をすることも難しくなります。

冷蔵庫も引っ越し前後には電源を抜いておく必要もあるので、あまり買いすぎないようにすることをお勧めします。