単身引っ越しで女性が困ったこと

単身引っ越しで女性が困ったこと

単身で引っ越しをする場合、特に女性が始めて一人暮らしを始める場合には不安も付き物です。

荷物の整理から引っ越し作業、新居での生活すべて一人でおこなうため慣れていない方は大変です。

スポンサーリンク
 

初めて単身の引っ越しをされた女性に一番大変だったことを聞くと、新居に越してからの家具や家電製品の取り付けという意見が圧倒的です。

照明器具なども天井に取り付けるため、身長が低い女性の場合には一苦労となります。

また洗濯機やガスコンロの取り付けなども慣れていないため、何をどうして良いのかわからないと言う方が大半です。

最近では女性専用の引っ越し業者もあるので、そういった所に依頼をすると女性では難しい一連の作業をおこなってくれるので、助かったと言う声もあります。

女性の単身引っ越しと防犯対策

また女性の一人暮らしと言うこともあり、引っ越し当初は空き巣などの防犯対策にも神経を使ったと言う方が多くいます。

オートロックなどの物件であればさほど心配はいりませんが、そうではない場合には管理会社に相談をして、ドアを二重ロックのカギに付け替えたりする方もいます。

また女性の一人暮らしを悟られないためにベランダに男性用の下着を干して同棲しているように見せかけたりとさまざまな工夫をしています。

そのほか女性の一人暮らしをされている方が気を付けていることは、表札を出さない、ポストのカギを取り付けるなど、さまざまなものがあります。

やはり女性が一人で暮らすと言うことは大変なことなのです。

とは言え、ある程度の時期が過ぎ一人暮らしに慣れてしまえばこれほど快適なものはないと思う方が多いのも事実です。

防犯対策はしっかりおこなう普通の生活をしていればそうそう犯罪に巻き込まれることもないのが日本です。

初めての単身引っ越しは不安もありますが、防犯対策だけはしっかりおこない安全に楽しく生活したいものです。