女性の一人暮らし、引っ越しの注意点

1:女性一人の引っ越しはデリケート

女性一人の引っ越しはデリケート

女性の一人暮らしの人が、また引っ越しをする場合、男性の一人暮らしの引っ越し料金より高くなる傾向にあるようです。

引っ越し料金は国土交通省によって基準運賃が定められていますが、実費はそれぞれの引っ越しによって違います。

この実費には荷役・荷造り作業員費用や諸資材料、有料道路を使用した場合の通行料など定められた費用があたります。

この価格が女性と男性で違うのは、女性の荷物が男性に比べて多く、デリケートな荷物も多いからです。

バックや靴、洋服、ぬいぐるみや置物など荷物の量が増えてしまうのが女性の引っ越し。一人暮らしの引っ越しでも、家族分の荷物かと思うほど、荷物の多い女性は珍しくありません。

さらに高級なものが多い場合は、一つ一つの段ボールでも丁寧に運んで欲しいと言いたくなりますね。

下着など、作業員が男性なら見られたくない荷物もあり、要望も多いのが女性です。

2:じゃあ一人で引っ越しする?

女性ばかりのスタッフで引っ越しを行ってくれる業者もあります。

これは案外嬉しいサービスです。

自分で引っ越し準備をするのは時間も掛かり、とても面倒です。

荷造りや荷解きまで含んだコースももあります。

まずは、各引っ越し業者に確認してどのくらいの費用が掛かるか調べましょう。

引っ越しの見積は費用の安さで選びたいのですが、荷物を運ぶのに気を付けてもらいたい点が多いのが女性です。

このため、想定内の引っ越し費用であれば、セキュリティや女性スタッフによるサービスなど細かい配慮がある業者の方が安心です。

3:面倒な手間も、任せて安心

引っ越し業者のサービスは「そんな事まで?」と思うほどきめ細かいものまで含まれています。

ハウスクリーニング、エアコンクリーニング、新居では防音シートを敷き込んで、快適な住環境を維持するなどオプションもあります。

遠方なら車両搬送も引っ越し業者が行ってくれます。

せっかくの新居。セキュリティが万全である事望ましいですよね。

少し割高になっても安心・安全のほうがいいのかもしれませんね。