単身引っ越しの挨拶はどうするのか

引っ越しのあいさつ

単身での引っ越しの際に多い悩みが、近隣の方への挨拶はどうすれば良いのかです。

特に初めての一人暮らしの場合、隣の住人の方への挨拶の仕方など戸惑う方も少なくありません。

スポンサーリンク
 

一般的に常識と言われるのはアパートの場合、両隣と上下階の住人への挨拶がマナーとされています。

挨拶をしておくことで、隣の人がどんな方なのかを知ることもできますし、万一何か困ったことが出てきた時でも力になってくれるかもしれません。

地震などの災害が起きた場合にも隣の方と顔見知りの場合には何かと便利なことが多いはずです。

上下階の方も同じ挨拶をしておくと良いでしょう。

特に下の階の方は自分の足音が響いてしまうこともあったり、洗濯機などの水漏れが起きてしまった時にご迷惑をかけないとも限りません。

そんな時に挨拶をしていた場合としていない場合では、相手の対応も変わってきます。

近隣に挨拶したくな場合

とは言え、現代社会は近隣との距離を縮めたくないと言う方も増えています。

これは知り合いになることで、ストーカー被害や妙なトラブルに巻き込まれる可能性も否定できない世の中だからです。

そうしたことを踏まえてあいさつのことを考えるのであれば、大家さんや不動産会社に直接相談してみるのも一つの方法です。

また、近隣の方はともかく大家さんへの挨拶は必ずしておきましょう。

大家さんが遠方の場合には仕方ありませんが、徒歩圏内で行ける距離に住んでいる場合でしたら簡単な手土産を持って伺うのがベストです。

挨拶をしておくことで何か困った時があった時でも相談をしやすくなります。

手土産は高額なものではなく、ちょっとしたお菓子の詰め合わせなどで大丈夫です。

以前住んでいた土地の銘菓などがあれば、それを渡せば良いですし、なければ有名菓子メーカーの詰め合わせでも構いません。