高齢者の一人暮らし、引っ越しはどうする?

1:超高齢化大国日本の社会事情

高齢者の一人暮らし、引っ越しはどうする?

近年、増え続けているのが「高齢者の一人暮らし」です。

自力で生活が出来るうちは、住み慣れた自宅で暮らすのも良いのですが、それでも一人暮らしには広すぎる、子どもの家の近くがいい、高齢者施設で暮らすなどの理由で新たな一人暮らしの引っ越しをする人が増えています。

日本は超高齢化社会へと突入しています。

スポンサーリンク
 

4人に1人は高齢者と言われる時代。

高齢者の引っ越しも増えています。

高齢者の環境と現状を内閣府が発表していますが、高齢者が含まれる世帯は全世帯の約半分で、単独世帯、夫婦のみの世帯が全体の過半数に及んでいます。

その反面、子どもとの同居は減少しており、一人暮らしの高齢者は増加して、一人での生活に支障をきたす場合でも施設や高齢者住宅などで暮らす高齢者が増えています。

2:単身パックで気軽に引っ越し

引っ越しをするには何かと不便もあります。

子どもや親戚が近くにいても、子どもは働いている、忙しくて手伝いが無理だという人も少なくありません。

このような場合でも、一人暮らしの引っ越しは荷造りから荷ほどきまで含んだ引っ越しパックがあるので安心です。

子どもにしても、高齢の親が一人で引っ越しの準備をするのは何かと不安です。

このような場合にも重宝されるのが、全て含んだ引っ越しパックです。

引っ越し疲れで倒れられたり、ケガでもしたら心配だと思う人も、引っ越し業者が全て行ってくれるとなると安心です。

さらに、大量に出たごみの片付け、クーラーの取り外し・設置など、手伝う必要がないほど充実しています。

3:アフターケアも万全な引っ越しオプション

実際に高齢者だけの引っ越しでは荷物一つでも「要るか要らないか、わからない」という声もあります。

判断能力が鈍っている高齢者も多いのです。

この場合、一緒に必要か必要でないかアドバイスを行いながら選別してくれるサービスもあります。

さらに面倒な公共料金の手続きも、代行してくれるサービスもあります。

引っ越しの次のサービスを考えた高齢者向けの引っ越しパックを提案する業者もあります。

超高齢化社会に必要な引っ越しのあり方です。