学生の引越しで注意するポイント

学生の引越しで注意するポイント

春には大学進学などで一人暮らしを始める学生さんも多いことでしょう。

一人暮らしを始めるにはまずお部屋探しをしなければいけません。

引越し費用は引越し業者ごとに決められているため、安いところも、高いところもいろいろとあります。

学生寮や学生向けマンション、ワンルームマンションなどで春から新生活を始める学生さんは、その数ある引越し業者の中からそろそろ一つを選ばなくてはいけません。

学生さんが引越し業者を選ぶポイントで一番大きいものは、やはり価格が安いということになるでしょう。

しかし、ダンボールやテープなどのサービスの有無、引越しで出たゴミの引き取りの有無、オプションの部分が多い引越しプランなど、基本料金が安く設定されていても最終的には高くなってしまうものもあるので要注意です。

また、引越しの免許を持たずに営業をしているところもあるので、トラブルを避けるためには引越しを頼む前には確認しておく方がいいでしょう。

引越し業者を選ぶ際に参考にできるサイトに、引越し価格ガイドというサイトがあります。
このサイトでは、一括で複数の引越し業者から同一条件での見積もりを取ることができるので、手間がかからず便利です。

その中には、実際にサイトから見積もりを行い、引越しをしたユーザーからの評価によるランキングが掲載されているので、どの業者にしようかと迷っている学生さんは参考にするといいでしょう。

学生の引越しと部屋探しのタイミング

学校に近く、間取りや家賃など希望の条件にあったお部屋はすぐには見つからないかもしれません。

学生さんなら学校が始めるまでには引越しを終わらせておく必要があるので、なるべく早くへ家捜しをスタートしましょう。

大学生の部屋探しは、1月くらいから増え始めるという傾向があり、一般的に物件を選ぶには2~3ヶ月ほど必要だと言われているので、年が明けたらそろそろ不動産屋さんに相談に行くといいでしょう。

年明け前に出ている物件はすぐに入居して欲しいというところが多く、学校が始まる前の学生さんでは、引越しも入居もしていないのに家賃だけを支払わなければいけないということになるので気をつけましょう。

学生さんだけが入ることのできる学生向け物件ならば、推薦入試など早めに進路が決まり年内に部屋を決めたとしても、引越しは春になってからで家賃も4月からなので安心です。

しかし、学生向けの物件は人気が高いためすぐに無くなってしまうので、早く申し込みをしておきましょう。

また、2~3月は学生さんだけでなく、会社関係での移動も増える時期なので、部屋だけでなく、引越し業者も早めに押さえておく必要があるでしょう。